白洲迅を姓名判断で占ってみたら意外な事実が分かった件

皆さんこんにちは。

今回も芸能人を姓名判断で占っていきます。

今回は俳優の白洲迅さんを姓名判断しました。

その結果白洲さんは

30歳までは発展し伸びて行けるが、

中年期以降は目標の実現が難しくなる

と言う結果でした。

 

以下にその解説を載せていきますので

是非最後までご覧ください!

運格による占断は余り良くはない

まずはその人の名前から割り出される五大運格による

個人的な性格や性質、運を占っていきます。

初めて当サイトを訪れる方は姓名判断についてを参照下さい。

また、白洲さんは本名は佐々木迅と呼ぶそうで、

その名前の々の部分を占断では佐に変えて

佐佐木迅として占っていきます。

また、名前が一文字の場合は最後に仮数の1を足して

計算していきます。

佐 佐 木 迅 (1)

7         7         4        10   仮数1

以上の結果より求められる運格は

佐佐木迅

天格 18    金

人格 14    火

地格 11    木

外格 15    土

総格     28    金

以上が名前の画数から導き出された各運格です。

では、以下にそれぞれの運格の画数の特徴を載せてみます。

なお、天格単体の占いはいたしません。

 

天格は先祖代々受け継がれる先天的な性質や性格を示します。

この運格での占いで大事なのは名前の画数が関係する、

人格・地格・外格・総格の4つ。

この4つで判断していきます。

人格が14の人は凶

自分が中心にいないと気が済まないタイプ。仕事運は波乱が含む。破滅運。

地格が11の人は吉

健康で聡明、活力に満ちており堅実。筋の通らないことは嫌いな性格。

外格が15の人は吉

広い交際を行い良い人脈に巡り逢える良運。情報や貿易関係の仕事向き。

総格が28の人は凶

家庭運がなく争いや不和などに巻き込まれ苦難が避けられない。

勤勉かつ着実に進めば活路は見いだせる。本質は陽気。

以上が白洲さんの運格による占断です。

中心である人格が凶の14画。

人からの信頼がなかなか得られない上に、

仕事や家庭でも問題が起きる暗示があります。

 

4系列の数字(14)を人格に持つ人は温和だが内向的で

執着心が強く不平不満が絶えない凶数です。

不眠症や躁うつなどの病気には注意が必要。

 

若年期の運を表す地格は11画で吉。

活力に満ちあふれ健康なため活発に動き成果を出していける

良い運気を持っています。

負けず嫌いな面もあるようですが基本的には発展出来る良運。

 

社交運を表す外格は15で吉。

幅広い交際範囲を持ち良い人と巡り会える良運。

早くから出会うと目立った活躍ができるようです。

視野が広いので国際的な仕事に向いています。

 

後年期の運を表す総格は28で凶運。

28画は別名「破壊運」とも呼ばれ良くはないです。

論争や不和などに巻き込まれやすく苦難が多いのが特徴。

ただし、本来は明るく陽気で生命力にあふれているので

勤勉に進むことが出来ればそこまで恐れる事はありません。

 

以上が解説です。

白洲さんは本名で占うと佐佐木迅で占うと言いましたが、

この佐佐は7画が連続していますね?

自分の氏名に7画が多い人はナイーブで気難しい面があり、

細かいことにカンが触る性格

その分学者肌で芸術や芸能、宗教などの分野で能力を発揮する人が多く

白洲さんは俳優は適職と言えます。

五行による占断は中年期以降は注意

では、次は五行による占断を行います。

五行関係で占う事とは先に占った各運格の運を生かしきれるか、

運をより発展できるかどうかを見ていきます。

 

行で相性が良い関係を相生(そうじょう)関係。

悪い関係を相剋(そうこく)関係と言います。

姓名に相生関係があると幸運が期待でき、

運格の良さをより伸ばしていけます。

ここで判断するのが天格・人格・地格の3つ。

先ほどの表を見てみると

佐佐木迅

天格 18    金

人格 14    火

地格 11    木

外格 15    土

総格     28    金

まずはベース診断と言える人格と地格の行の相性を見ていきます。

運格の数字の隣に書かれた文字が五行です。

人格はその人の行動力やパワーを顕著に表す箇所。

地格が表す環境や体質を基にして作られる考え方や生き方は、

人格によって導かれます

 

地格との相性が良いと安定した土台を得て

人格の運気を伸ばし活かしていける資質を持つことが出来ます

白洲さんの人格の行は火で地格の行は木。

「木は燃えて火を生む」

と言う意味で相性が良い相生関係です。

 

次は天格と人格の行の相性を見ます。

ここが良いと人格の作用が伸び物事は支障なく

進んでいけるでしょう。

白洲さんの人格の行は火で天格は金。

「金は火に溶かされる」

と言う意味で相性が悪い相剋関係です。

 

以上の結果より割り出される占断は

若年期は若い木がグングン伸びていくように発展し、

仕事運、健康運、家庭運いずれも良好ですが、

中年期以降は目標の実現が困難になり心労や慢性疲労による

疾患に注意が必要になっていきます。

運の急変にも気をつけないと行けません。

 

以上が五行による白洲さんの結果です。

若年期(30歳まで)は運格の運を伸ばすことが出来て発展出来ます。

実際白洲さんは2010年にジュノンスーパーボーイコンテストの

ベスト30に選ばれ18歳で芸能界入りを果たします。

翌年にはミュージカル「テニスの王子様」にて 鳳長太郎 役で

デビューを飾りその後はテレビや映画など多数の作品に

出演し出世していきました。

 

これらは地格の吉運と五行による人格と地格の行の相性が良かったため

早い内から活躍ができたものと思われます。

まさに選ばれた人ということですね。

 

しかし、中年期(31歳から59歳)は人格の運気が支配します。

人格の運気は凶で五行も天格と人格の相性が悪いので

目標がくもり実現が難しくなってしまう暗示があります。

焦りや不安から来る精神疾患に注意が必要です。

まとめ

では今回のまとめです。

  • 人から信頼が得られず仕事・家庭の両方で問題に巻き込まれる暗示あり
  • 若年期は活発に動き成果を得られる良運が支配している
  • 性格は温和で内向的、負けず嫌いで執着心が強い
  • 中年期以降は目標の実現が難しくなる暗示
  • 心身症や慢性疲労、運の急変に注意
  • 陽気で生命力はあるので着実勤勉に進むことが出来れば問題ない

以上です。

白洲さんがなぜ若い内から活躍出来たのかが

分かってもらえたと思います。

自身の努力もありますが運気が盛運で伸び盛りだったことも

関係していたようです。

 

話題作に多く出演している白洲さんが今後どのような

演技を見せてくれるか楽しみです。

ファンは応援していきましょう!!

 

では今回は以上です。

ご覧いただきありがとうございました。

最新情報をチェックしよう!