小関裕太を姓名判断で占ったらなぜ活躍が出来るかが分かった件

皆さんこんにちは。

今回も芸能人を姓名判断で占っていく企画をします。

 

今回はただいまテレビ・映画・舞台と大忙しの若手俳優

小関裕太さんを姓名判断してみようと思います。

 

早速診断結果をお伝えしますと小関さんは

天才的なひらめきと逆境を挽回できる強運の持ち主

と言うことが分かりました!!

以下に解説していきますので

ファンの方は是非最後までご覧ください!

運格による占断は大吉!!

まずはその人の名前から割り出される五大運格による

個人的な性格や性質、運を占っていきます。

初めて当サイトを訪れる方は姓名判断についてを参照下さい。

小 関 裕 太

3         19     13      4

以上の結果より求められる運格は

小関裕太

天格 22    木

人格 32    木

地格 17    金

外格   7    金

総格 39    水

以上が名前の画数から導き出された各運格です。

では、以下にそれぞれの運格の画数の特徴を載せてみます。

なお、天格単体の占いはいたしません。

 

天格は先祖代々受け継がれる先天的な性質や性格を示します。

この運格での占いで大事なのは名前の画数が関係する、

人格・地格・外格・総格の4つ。

この4つで判断していきます。

人格が32の人は大吉

天才的なひらめきと行動力で成功を収める。人脈や財運にも恵まれる。

地格が17の人は吉

直感力・観察力に優れ躊躇せず当たっていく。思い込みが激しい面もあり。

外格が7の人は吉

友人は多くは無いが一度親しくなれば長く関係性は続く。尽くす傾向がある。

総格が39の人は吉

逆境に強い強運の持ち主。家庭運や健康運も良く財力を身につける事が出来る。

以上が小関さんの運格の占断結果です。

人格が32で大吉。

この画数はいわゆる天才型を意味しており、

自身のひらめきと行動力で結果を出して周囲から

評価され登り詰めることが出来る良い運です。

財を築く事が出来るでしょう。

 

地格が17画の人の特徴はストレートタイプ。

頑固一徹で思い込みが激しいものの、

直感が冴え周囲を見渡せる観察眼もあるので

自身の立ち振る舞いが上手にこなせるでしょう。

 

社交運を表す外格は7で吉。

7という数字は一途さを表す数字です。

好きな人の為なら徹底的に尽くす傾向があるようです。

 

総格は39で吉。

逆境から抜け出し挽回できる力を持っているのが特徴。

権力や財力も得られ、将来的に大物になれる資質を有する

強運の数です。

 

小関さんは8歳の頃にはCMで芸能界デビューを飾り、

その後は若くしてドラマ・映画・舞台など幅広く活動の場を広げ

評判を得てきました。

 

その活躍の裏には自身の天才的な才能と強運が味方して

早くからの活躍が叶ったものと考えられます。

五行による占断は焦燥感に注意!?

では、次は五行による占断を行います。

五行関係で占う事とは先に占った各運格の運を生かしきれるか、

運をより発展できるかどうかを見ていきます。

 

行で相性が良い関係を相生(そうじょう)関係。

悪い関係を相剋(そうこく)関係と言います。

姓名に相生関係があると幸運が期待でき、

運格の良さをより伸ばしていけます。

ここで判断するのが天格・人格・地格の3つ。

先ほどの表を見てみると

小関裕太

天格 22    木

人格 32    木

地格 17    金

外格   7    金

総格 39    水

運格の数字の隣に書かれた文字が五行です。

まずはベース診断と言える人格と地格の行の相性を見ていきます。

人格はその人の行動力やパワーを顕著に表す箇所。

地格が表す環境や体質を基にして作られる考え方や生き方は、

人格によって導かれます

 

地格との相性が良いと安定した土台を得て

人格の運気を伸ばし活かしていける資質を持つことが出来ます。

小関さんの人格の行は木で地格の行は金。

「金(刃物)は木を切る」

と言う意味で相性が悪い相剋関係です。

 

次は天格と人格の行の相性を見ます。

ここが良いと人格の作用が伸び物事は支障なく

進んでいけるでしょう。

小関さんの人格の行は木で天格の行も木。

同じ行同士を「比和(ひわ)」と呼び

相性が良い相生関係です。

 

以上の結果より判断されるのは

意志が強く堅実性があり確実に仕事をこなす能力が評価され、

安定した運が得られるでしょう。

ただし、若年期はなかなか認められず焦燥感に襲われて

事態を悪化させてしまう暗示もあり注意が必要です。

 

小関さんは人格の運気を引き延ばすことができ、

支障なく進めるものの、若年期は他の同年代の役者の存在に

焦りを感じてなかなか認められない日々を過ごすことが

ありそうです。

 

実際、VOGUE GIRL誌のインタビューで「10代の後半には

焦りを感じていた」と語っています。

同年代の役者に対しての焦りや嫉妬を抱えていたと言うことですね・・・

これも地格と人格の行の相性が悪い事による迷いが原因と考えられます。

 

しかし、今は役者として順調にキャリアを積んでいき、

常に進歩していく姿はすがすがしい物がありますね!

まとめ

では今回のまとめです。

  • 天才的なひらめきと行動力で成功を収める
  • 直感・観察力に優れ立ち振る舞いが上手。
  • 権力や財運、健康運にまぐまれ将来的に大物になれる資質がある
  • 頑固で思い込みが激しい面がある
  • 堅実性があり確実に仕事をこなすので安定している
  • 若年期は行同士の相性が悪いので焦燥感に襲われ事態の悪化の暗示がある

以上です。

 

小関さんは2021年はテレビ東京系のドラマ「おじさまと猫」に出演します。

映画では「ライアー×ライアー」に出演しますし、

ミュージカル『モンティ・パイソンのSPAMALOT』も控えており

まさに絶好調です。

 

自身の強運と天才的な才能が遺憾なく発揮されている証明です。

これからが楽しみな俳優さんですね(^o^)。

皆さんも応援していきましょう!!

 

では今回は以上です。

ご覧いただきありがとうございました。

最新情報をチェックしよう!