社会に出て成功する方法は?心理学的アドバイスをしてみた

皆さんこんにちは。

今回は「社会に出て成功する方法は?心理学的アドバイスをしてみた」

というテーマで記事をお送りしていきたいと思います。

 

社会で成功する。

一口に言ってもそれぞれ解釈が変わってきます。

 

また、成功する秘訣なんて色々な人が様々な媒体で答えており、

どれが自分に合う成功法則なのかは分かりません。

 

ですが、成功するために心理学を応用することで、

成功の確率を上げることは出来ます。

そこで、今回は成功するための心理学を伝授しましょう!

現在達成したい夢や目標がある方は是非最後までご覧下さい!

成功したい方は必見の内容ですよ!

質問者の悩み

まずはyahoo知恵袋から気になった質問を見てみましょう。

社会で成功するために必要なことは「度胸」ですか?

引用:yahoo知恵袋
とてもシンプルな質問です。
質問者は「度胸」だけ必要なのか?
他に必要な要素はあるのか?
と質問しています。
 
この質問に対する回答は
「体力・知力・能力」
「強靱な肉体に強靱な精神」
「忍耐」
といった回答が寄せられていました。
 
いずれの回答も社会に出るのに必要なのは相当厳しい要素
を求められると答えています。
 
実際、競争が激しい業界に就職したら当然上記の要素は
求められることと思います。
しかし、常に耐えられる精神を持つことが出来るのは
極少数ですし、生まれつき体力がない人は
取り残される可能性が大です。
 
忍耐だって限界が来てしまえば精神的に病んで
会社を辞めなければならなくなるでしょう・・・
 
ですが、心理学を応用すれば100%と言わないまでも
かなりの確率で成功をつかむことが出来、
しかも精神的・肉体的にも余裕を持てることに
なるでしょう。
 
次項からお伝えしていきます。

成功するための心理学

では、ここから具体的に社会で成功するための心理を

学んでいきましょう。

 

知ると知らぬでは、今後の人生に大きく関わってくる事柄です。

しっかり頭にたたき込んで自分の望む成功をつかんで下さい!

とにかく行動あるのみ

成功するにはとにかく行動するしかありません。

アメリカの心理学者のダックワークスは

「成功のために必要なのは才能ではなく行動を継続すること」

と語っています。

 

「いつか出世する」「金持ちになってしたいことをする」

「誰もがうらやむ幸せな結婚生活を送る」

など考えるのは大いによろしいのですが、

実際に叶えるために動いている人は驚くほど少ないのです。

 

また、人間には無意識に成功を回避するという

成功恐怖理論を唱えた心理学者のホーナー氏は

「人間は成功するためには失敗がつきものであると考え、

成功を恐れてしまう」

と主張しました。

 
自分が新しい挑戦をしたり、成功する為に行動を起こした際に、
「失敗してとんでもない借金を抱えるのでは?」とか
「自分が成功したら人から恨まれるのでは?」など
ネガティブな思考を持ってしまう人は成功回避傾向が強いでしょう。
 
であるならば、何が何でもやり遂げてみせる強い意志を持って
行動さえすればおのずと成功は近づいてくるというわけです。
 
この際他人がどう思おうが関係なくどんどん挑戦しましょう。
失敗してもまたやり直せば良いだけです!
 

成功率50%の目標を持て!!

心理学者のアトキンソンは目標を達成するためのやる気の強さは

成功動機の強さ+本人が思う成功確率+成功した際の報酬という

式で割り出すことが出来ると提唱しました。

 

アトキンソンは小学生を集め輪投げを使った実験を行い、

好きな位置から輪投げを行うように指示を出しました。

事前に小学生に確実に成功すると思う位置と、

失敗すると思う位置を聞いておいた上での実験です。

 

その結果彼らが選んだ位置というのが、成功するか失敗するか分からない

ちょうど中間の位置を選んだ子供が一番多かったといいます。

 

半分の位置、すなわち成功か失敗か分からない50%の目標を持つことで

モチベーションを出すことが出来るということです。

 

ならば成功するかどうか、達成出来るか出来ないかの中間くらいの

目標を持つことで達成のためのモチベーションを維持出来ると言うわけです。

 

始めから絶対に無理な目標を立てずちょうど良い目標を立ててから

徐々にステップアップしていけば良いという事ですね!

雑学をひたすら吸収すべき!!

成功するにおいて避けて通れないのが相手との交渉。

営業をしないと新しい仕事はありつけないし、

出世も難しいでしょう。

 

どんな成功をつかみたいかはそれぞれですが、

会社で出世するにしても、独立して起業するにしても、

結婚するにしても、共通しているのが

人と人との交渉力があるかどうかです。

 

こちらが提示した条件をいかにのんでもらうか?

付き合うためにはいかにコミュニケーションをとれるか?

など恋愛であろうと仕事であろうと全ては交渉力に掛かっています。

 

その交渉するにおいて大事なのが雑学の有無。

交渉する際にいかに相手を退屈させないか話のネタが

多ければ多いほど有利であるのは自明の理。

 

ただ、我々の頭の中には平均して20~30時間分のネタしか無いと、

ある心理学者が語っています。

その時間分を過ぎてしまうとネタが無くなりまた、元のネタに

戻ってしまうということです。

 

なのでたえず新しい情報を仕入れる必要があり、

知識を付けることが出来れば飽きられることはなくなります。

 

SF作家のアイザック・アシモフは

「人間は無用な知識の数が増えることで快感を感じる事が出来る

唯一の動物である」

と語っています。

 

なので雑学を常に仕入れ、相手に聞かせることが出来れば

人に好かれ、交渉もまとまりやすくなり、

ひいては成功につなげることが出来るという事です。

 

自分が知らないことを教えてくれる人物に人は魅力を感じるもの。

この作用を上手く使えば人生の成功は近づいていくことでしょう。

まとめ

では今回のまとめです。

  • 成功するにはとにかく行動あるのみ
  • 何が何でも成功するという強い意志を持つ
  • 達成出来るかどうか分からない目標を立てることで達成のためのやる気が持続する
  • 交渉を優位にしたければ雑学を仕入れ相手にひたすら与える
  • 常に新しい情報を仕入れ聞かせられれば人に好かれる

以上です。

 

正直まだまだ成功法則はあります。

それはまた別の機会にお伝えしようと思います。

 

成功したい方はぜひこの記事に書いてある心理テクを用いて

それぞれの成功をつかんで下さいね!

 

では、今回は以上です。

ご覧いただきありがとうございました。

 

最新情報をチェックしよう!