岡田将生とフジ鈴木唯アナ交際発覚!?二人の相性を占ってみたらお似合いの二人だった!?

皆さんこんにちは管理人のサトです。

今回は「岡田将生とフジ鈴木唯アナ交際発覚!?

二人の相性を占ってみたらお似合いの二人だった!?」

というテーマで記事をお届けします。

 

驚きのニュースが飛び込んできましたネ。

俳優の岡田将生さんとフジのアナウンサー鈴木唯さんが

交際していると週刊誌にスクープされました。

出会いは昨年2020年の夏頃。

知人の紹介で知り合い、付き合いだしたのは去年の12月頃と

報道ではあります。

 

さて、この二人の相性を姓名判断で占ってみたところ

相性自体はとても良くお似合いの二人

という結果でした。

 

以下に占断した結果を良い・まあまあ・悪い

の3つに分けて述べて行きますので

是非最後までご覧ください!

運格による相性占断

まずは名前の画数から割り出される

運格による相性占断を行います。

姓名判断や占いの取り扱いについては

詳しくは姓名判断についてを参照下さい。

以下は理解して頂いた上で説明をしていきます。

 

まずは名前からそれぞれの運格を導き出します。

岡 田 将 生

 8         5         11         5       

鈴 木 唯 (1)

 13        4          11        仮数1

鈴木アナは名前が一文字の為その場合は

名前の最後に仮数の1を加えて計算します。

また、岡田さんの本名は非公開で分からないので

今回はそのまま岡田将生で占います。

なので本名で占ったときの結果と多少ズレがあることを

ご了承ください。

以上をふまえて割り出される各運格は・・・

岡田将生 鈴木唯

天格  13 火

天格   17   金
人格   16 土 人格   15  土
地格  16    土

地格   12   木

外格  13 火

外格   14   火

総格  29 水

総格  29   水

ここから2人の共通数を見つけていきます。

ここで大事なのが人格と地格。

人格と地格が同数で一致したら相当縁が深い関係性と

判断することができます。

 

表を見るとお互い総格が29の同数で一致。

その他の格での同数や同系数はないようです。

総格が同数で一致した場合は仕事に対する姿勢が似ていて

お互い助け合える関係と言えます。

人格や地格で同数で一致した場合と比べると

縁は薄い関係ですがお互い十分刺激し合い

伸びていける関係性と言えます。

 

よって運格による二人の相性は良い

と判断します。

五行による相性

続いては五行による相性を占います。

五行で相性が良い相生(そうじょう)関係かどうかをみることで、

互いに協力し合えるか、

トラブルを起こし別れてしまうかを

占断することが出来ます。

 

先ほど割りだした各運格の数字の右に書かれているのが

行で、ここでみるのはそれぞれの人格と地格同士の行の相性を

見て行きます。

岡田さんの人格の行は土で鈴木さんの人格の行も土。

おなじ行同士を「比和(ひわ)」と呼び

相性が良い相生関係と言えます。

 

次は地格同士の行の相性を見て行きます。

岡田さんの地格の行は土で鈴木さんの地格の行は木。

「土は木に養分を奪われる」

と言う意味で相性が悪い相剋関係です。

この場合鈴木さんが岡田さんの運気を下げてしまう関係性と言えます。

 

以上の結果を見ていくと岡田さんと鈴木さんの五行の相性は

現状は悪い

と判断できます。

 

理由は30歳までの運勢は地格が支配しています。

その地格同士の相性が悪い場合は急速にくっ付き、

意気投合するものの、結局トラブルが起きて

分かれる暗示があります。

 

岡田さんは昨年2020年より31歳になり

地格の運勢から人格の運勢に切り替わりましたが、

鈴木さんはまだまだ20代なので地格の影響を受けています。

 

現状では相性が悪い関係性ですが、

お互い31を超えてからは相性が良い関係性になるので

中年期以降は今以上に良いパートナーシップを結べるでしょう。

 

命数による相性

次は宿命数(命数)による相性を探ります。

命数は生年月日から割り出します。

それぞれの命数を命数の吉凶表に照らし合わせて
相性を見ていきます

 

岡田さんの命数

まずは岡田さんの生年月日から割り出される

命数を求めていきます。

岡田さんの生年月日は1989年8月15日。

これを足して一桁にした数字を年・月・日と順々に足して行きます。

 

年は1989年なので1+9+8+9で27。

足して一桁にするので2+7で9。

月は8月なのでそのまま8。

日は15日なので1+5で6。

全て足して9+8+6は23。

足して一桁にするので2+3で5。

よって岡田さんの命数は5。

 

鈴木さんの命数

次は鈴木アナの命数を求めていきます。

鈴木アナの生年月日は1993年12月13日。

先ほどと同じ要領で割り出して行きます。

年は1993年なので1+9+9+3で22。

足して一桁にするので2+2で4。

つきは12月なので1+2で3。

日は13日なので1+3で4。

全て足すと4+3+4で11。

1+1で2。

よって鈴木アナの命数は2。

二人の命数の相性は?

割り出した命数を「姓名判断について」で掲載している

命数の吉凶表に照らし合わせます。

命数が5の人と命数が2の人の相性は吉。

命数が2の人と命数が5の人の相性は吉。

以上が命数による相性占断の結果でした。

 

お互い吉同士の関係性でこの場合は

大変ツイている人同士で、恋人や結婚相手にはピッタリの

関係性と言えます。

お互いの良いところを引き出し合う良い相性と言えます。

 

以上の結果より二人の命数での相性は

良い

と判断させて頂きました。

まとめ

では、今回のまとめです。

  • 運格の占断では総格が29の同数で一致し縁の濃さはまずまず
  • 五行による占断では地格の行同士が相性が悪くトラブルの暗示も
  • 中年期以降は五行関係も良くなり支え合える良い関係を築ける
  • 命数による占断はお互い吉同士で恋人にはピッタリの間柄
  • 岡田さんが本名ではないので結果が違う可能性大

以上です。

現状は二人の関係はまずまずと言えます。

運格でも同数一致が一つのみで縁が薄く、

五行も相性が悪い相剋関係であるからです。

 

しかし、鈴木さんが中年期を迎える頃はよりよい関係性を

築いて行けるでしょう。

また、岡田さんが本名ではないので今回の占断の通りに

相性がピッタリかどうかは微妙ですが、

お二人が上手くいくことを願います。

では今回は以上です。

ご覧いただきありがとうございました。

 

 

最新情報をチェックしよう!