姓名判断について

NO IMAGE

姓名判断について補足説明いたします。

基本的には占う対象の字画を出し、5つの運格(天格、人格、地格、外格、総格)に

分けます。

それぞれの画数から吉凶を占います。

その後、5行の配置と照らし合わせ、活かし合うかどうかを見ます。

5つの運格

天格

苗字の画数。その人の先天運を示す。

家族共通のため天格の字画数だけでは吉凶を判断できない。地格との関連で吉凶を

判断する。

人格

姓と名のつなぎ部分の字画。姓の終わりの一字と名の始めの一字の合計画数。

姓名判断では中心に位置し、性格、才能、家庭運、仕事運、結婚運を司り

総合的な社会運を示す。また、中年期の運について強い影響を持つ。

地格

名前の字画数。親から受け継いだ性質や体質、潜在的な資質や能力を示す。

金銭感覚や恋愛傾向はここで占う。

外格

総格から人格を除いた部分の合計画数。副運、社会運を示す。

友人・知人との社交運、順応性などを占う。

総格

姓名全ての字画数。総体運を示し、後年の運を司る。

 

なお、天格単体の占いはいたしません。

天格は先祖代々受け継がれる先天的な性質や性格を示します。

この運格での占いで大事なのは名前の画数が関係する、

人格・地格・外格・総格の4つ

この4つで判断していきます。

運格による相性

運格をそれぞれ割りだし運格同士の相性を占断することで

相性占断をすることができます。

姓名判断で相性占断する際に最も基本で大事な

占断方法です。

それぞれの5大運格を割り出し

共通する数を見つけていきます。

 

ここで、判断のポイントとして・・・

  1. 人格・地格に同数もしくは同系数があるか?
  2. 外格・総格に同数もしくは同系数があるか?
  3. 異なった部位の格に、同数もしくは同系数があるか?

以上をみて占断していきますが、

特に人格・地格が同数だと縁の深さが示されます。

人格や地格で同数や同系数が一致していると

価値観が同じであると判断できます。

趣味や趣向が似ていると判断して良い関係性です。

 

外格・総格で同数や同系数で一致した場合は

互いに助け合える良いパートナーと

判断できます。

 

その他の部位に同数や同系数が一致していた場合は

違う意見出会ったとしても仲が悪くならない

居心地の良いパートナーと判断できます。

五行

五行説では木・火・土・金・水の5つの行に分けられそれぞれの気には個性がある。

相性の良い組み合わせもあれば悪い組み合わせもあり、相性の良い組み合わせのことを

相生

悪い組み合わせのことを

相剋

という。

相生関係

密接な良い関係。木と火、火と土、土と金、金と水、水と木といった

互いに必要とし合う関係。また、木と木、火と火といった同じ気どうしの関係も良い。

相剋関係

互いに反発し合う相性が悪い関係。木と土、火と金、土と水、金と木、水と火といった

傷つけ合う関係。

数の5行分類は一桁の数字により変わり、1,2が木。3,4が火。5,6が土。7,8が金。

9.10が水。

姓名に相生関係があると幸運が期待でき、

運格の良さをより伸ばしていけます。

 

各運格の数字の隣に書かれた文字が五行です。

人格はその人の行動力やパワーを顕著に表す箇所

地格が表す環境や体質を基にして作られる考え方や生き方は、

人格によって導かれます。

 

地格との相性が良いと安定した土台を得て

人格の運気を伸ばし活かしていける資質を持つことが出来ます。

天格と人格の相性が良い場合、人格の作用が伸び物事は支障なく

進んでいけるでしょう。

 

五行での相性

五行での相性占いの判断基準をお伝えします。

お互いの人格や地格の行同士が相生関係か

相剋関係かでをチェックします。

 

相生関係であれば協力し、

理解し合える関係性と判断できます。

 

相剋関係では急に結ばれるが

いずれトラブルを起こし別れる

といった暗示があります。

 

陰陽配列

奇数を陽、偶数を陰に分けます。

姓名を構成する文字の陰陽バランスのチェックは重要で、

このバランスが良ければ運気は安定します。

陽ー陰、陰ー陽といったように交互に並んだ画数だと幸運が舞い込むでしょう。

どちらかに偏るとバランスが悪く吉数の良さが十分に発揮出来ないでしょう。

ただし、この陰陽の占いは先の運格や五行の占断と比べ影響が弱いため

全ての有名人の占いでは行っておりません。

基本は運格と五行による占断のみです。

命数

生年月日から導き出される数字を宿命数、命数と言います。

どの日に生まれたかは誰にも変えることは出来ません。決して動かすことの

できない数が生年月日で示された宿命数(命数)です。

1から9の数字で現され、数の原理である五行に分類されます。

その人の運命、性格、性質を示します。

この命数を使って占うのは相性診断のみです。

 

例えば平成17年10月15日生まれの人の命数は・・・

最初に生まれた年を西暦で示し、その数を足します。

平成17年は西暦2005年。2+0+0+5で7。

次に月と日を出して行きます。月は10。1+0で1。

日は15。1+5は6。

最後に全てを足します。7+1+6=14。単数にすると1+4で5。

この人の場合5が命数です。

この5の命数と相手の命数が相性が良いか悪いかを占います。

ただし、この命数による占いはあくまで相性を探る時のみ使用します。

なので普段の占いには使いませんのでご了承ください。

命数の吉凶表

命数→

相性↓

1 2 3 4 5 6 7 8 9
2 4 6 1 5 9 2 4 6  1 5 6 9 2 4 8 3 5 7 5 6 9 4 5 6  1 2 7 9
半吉

1 3 5 9

2 3 4 6 1 3 5 8 4 7 8 1 3 5 6 1 6 9 2 7 8 2 8 4 6 8

7 8

7 8 7 9 2 3 7 9 2 4 8 1 3 4 1 3 7 9

3 5

上記の命数の吉凶を判断する表を使い

お互いの命数の相性を判断していきます。

 

吉の場合は恋人や結婚相手にはピッタリの関係で、
個性を引き出し伸ばしてくれる相手です。

 

半吉の場合は趣味や趣向が似ているか、
全く違う魅力を持つ相手と言えます。
認め合えれば良い関係と言えます。

 

凶の場合は正反対の個性を持つ相手。
苦手で能力を抑え合う良くない関係です。

以上をふまえてお二人の命数を割り出します

 

大事なお知らせ

この姓名判断を始めとする記事は占いという性質上

必ず占断の通りであると言うわけではありません。

占った結果がこうだったというだけのことですので

気軽な気持ちでみて下さればと思います。

 

また、記事の基本的な解説や説明する部分は

当ブログの過去の記事より部分的にコピペして

貼り付けています。

なので、どの方のどの占い記事を見ても

同じ文章が並ぶ箇所があることを

あらかじめご了承下さいますよう

よろしくお願いします。

 

記事を楽しんで頂けたら幸いです。

 

                       管理人  サト